止まない痛みにウンザリする日々|頭痛の悩みなら専門治療を受けよう

看護師

頭の痛みがあるなら

男性

吐き気を伴う痛み

頭痛持ちの人は多く、3000万人以上が悩んでいると言われています。毎回のことだからといって軽く考えていると、症状が悪化し命に関わることもあるので気をつけましょう。頭痛には様々な原因が考えられるでしょう。治療法や対処法も異なるので、頭痛を感じたら原因を把握する必要があるでしょう。偏頭痛は、頭部の血管が拡張して周囲の三叉神経を刺激して炎症を起こし痛みが発生する仕組みです。どのような症状が現れるのかというと、頭の片側や両側が脈を打つようにズキズキと痛むのです。普段仕事をしている人の場合、休日になるとストレスから解放されて急に血管が拡張して起こることも多いです。ストレス以外にも、寝不足、寝すぎ、女性ホルモンの変動、疲労、空腹、光や音の強い刺激などによっても起こりやすいと言えるでしょう。症状がひどい場合は、仕事が手につかなかったり寝込んでしまう人までいます。痛みと共に、吐き気や嘔吐を伴う場合もあるでしょう。体のだるさ、むくみ、イライラ、眠気などは片頭痛の予兆の場合もあるので、体の変化を見逃さないようにしましょう。日頃からどのような場合に片頭痛が起きたかをチェックしておくことで、今後の対策へと繋がるのです。

血流が悪くなり起こる症状

頭痛には緊張型頭痛もあります。無理な姿勢を続けていたり、長時間のパソコンなどによって頭から肩にかけて筋肉が固まり血流が悪くなり起こる症状です。精神的なストレスが原因で起こることもあり、真面目な人や几帳面な人がなりやすいといえるでしょう。緊張型頭痛は、頭頂部から首筋を中心に頭全体が締め付けられるような痛みが起きてしまいます。頭痛以外の症状はありませんが、数ヶ月続く場合もあり慢性化するケースもあるのです。片頭痛が起きてしまった時は、横になって安静にしておくことが大切です。頭を冷やすことで症状を和らげることができるでしょう。冷却シートなどを額にのせるのも効果的です。カフェインには血管を収縮させる作用があるので、過剰摂取しないように気をつけましょう。緊張型頭痛が起きてしまった時は、お風呂に入ったりマッサージをすることで血行がよくなり症状が和らぐことがあるのです。同じ姿勢が続いていると感じたら、首や肩を回して体を動かすように心がけましょう。頭痛が治らないようであれば病院で診てもらうことも大切です。