止まない痛みにウンザリする日々|頭痛の悩みなら専門治療を受けよう

看護師

専門医も存在する

女医

市販の薬で良くなる

一般的な頭痛は誰にでも経験があります。緊張性頭痛や片頭痛などは血管の拡張などによって痛みが生じますが、長くは続かず、横になったりリラックスしていると自然に痛みは和らいできます。しかし仕事や生活に支障が出ることも少なくないためできる限り早く治したいと考えれば市販の頭痛薬などを飲むことで痛みを緩和させることができます。ほとんどの場合、自然治癒や市販の薬の服用にとって痛みを抑えることができますが、中には痛みがなかなか取れなかったり、耐え難い痛みになる場合もあります。その際には医師による診断をおすすめします。しかし病院に頭痛を専門にしている科が存在しないのも事実です。病院で何科にかかればよいのか迷ってしまうこともあります。総合病院であれば、受付で症状を伝え、誘導された科にかかれば問題ないのですが、自宅や勤務先から病院に向かう際に迷ってしまうものです。頭痛外来のように専門に用意している病院も中にはありますが、数はそんなに多くなく既存の科に診てもらうことになります。

神経内科か脳神経外科

頭痛を起こす原因は複雑に絡んでいることと、脳の病気など原因が脳にない場合が多いのです。さらに血管の拡張など特に病気でないことも多いため、専門医を立てにくいのも実情です。そのため、頭痛の専門がない場合や、頭痛外来が存在しない場合には、神経内科や脳神経外科に行くのがおすすめです。頭痛外来ができたのは最近のことですがそれができるまでは治療を担当していたのは神経内科や脳神経外科の医師でした。そのため、最初にかかるのは神経内科や脳神経外科がおすすめになります。ただし原因を特定していくにあたりストレスが要因だったりする場合がわかれば脳神経外科の範疇ではなくなるため神経内科や心療内科を紹介されることもあります。もしかかりつけの医師が存在するのであれば、何科であってもその遺志に相談するのがベストです。医師はその症状に応じて専門医を紹介することもできますので、どの病院の何科に行けばいいのか誘導してくれます。自己判断で間違った判断して治療までに遠回りすることがなくなります。