止まない痛みにウンザリする日々|頭痛の悩みなら専門治療を受けよう

看護師

神経内科や脳神経外科で

ハート

血管の影響で起こるタイプ

頭痛にもいろいろ種類がありますが、頭痛持ちという言葉があるように、慢性的な症状になっているものもあります。そのような頭痛の場合は、神経内科の病院を受診するのがおすすめです。慢性頭痛にも偏頭痛や緊張型、また群発性のものなどのタイプがあり、神経内科に行けば自分の頭痛がどのタイプなのか、原因が何なのかを知ることができます。慢性頭痛には血管が拡張して起こる痛みと、反対に血管が収縮して起こる痛みとがあるので、自己判断で鎮痛薬に頼るより、病院で専門医による検査を受けてきちんと診断してもらうことが重要です。病院で処方される頭痛の薬には多種多様なものが開発されており、症状にあったものを服用すれば痛みをやわらげたり、あるいは痛みが出る前にあらかじめ服用することによって予防したりすることが可能です。神経内科では、日本頭痛学会による認定を受けた頭痛専門医が診療に当たっている病院があります。こうした病院を選べば、つらい痛みから解放されるためのはじめの一歩を確実に効果的に踏み出すことができます。

脳内の出血が原因のタイプ

ひとくちに頭痛といっても、先に述べたようにさまざまなタイプのものがありますが、中には神経内科よりも脳神経外科での受診がより望ましいタイプもあります。たとえば、それまでに一度も味わったことのないような強烈な痛みが突然襲ってくる場合や、吐き気・痛みにとどまらず気を失ってしまうような場合です。このような痛みは、慢性頭痛とは性質を異にしており、症候性頭痛と呼ばれています。慢性の痛みの場合は原因が生活習慣やストレス、またそれらに起因する血管の拡張や収縮であるのに対して、急激に起こる激しい傷みは脳に何らかの異常が生じて起こっていることが多いので注意が必要です。こうしたタイプの代表的なものがくも膜下出血や脳腫瘍、感染性髄膜炎などによる頭痛です。このような症候性頭痛の場合は、神経内科よりも脳神経外科で診てもらう方がよいと考えられます。それも、できるだけ早く診察を受けることが肝心です。くも膜下出血などの病気では脳の血管が破れて頭蓋内に出血が広がりつつある状態なので、一刻も早い手術などの外科的処置をする必要があるのです。自分で病院に行けないような場合には、救急車を要請するのがよいでしょう。