頭痛の悩みなら専門治療を受けよう|直して日常生活を楽しむ

ナース

専門医も存在する

女医

頭痛はすぐに収まることも多いため、横になったり、市販の薬で痛みを緩和させることは可能ですが、中には痛みが継続したり我慢できる限界を超える痛みになる場合もあります。その場合、病院では脳神経外科や神経内科に最初に診てもらうのがお勧めです。

神経内科や脳神経外科で

ハート

頭痛には血管の収縮や拡張などが原因で起こる慢性頭痛のほかに、脳内の出血などによって起こる症候性頭痛があります。前者の場合は神経内科で、後者の場合は脳神経外科で診療を受けるのがよいといえます。特に後者の場合、痛みが突然で非常に激しい場合は、一刻も早く病院を受診することが大切です。

頭の痛みがあるなら

男性

片頭痛はストレスからの解放、寝すぎ、寝不足、疲労などによって起こるのです。頭の痛みと共に、吐き気や嘔吐を伴うことがあるでしょう。緊張型頭痛は、精神的ストレスや長時間同じ姿勢でいることで発症しやすいのです。長く続く頭痛は、病院で診てもらう必要があるでしょう。

二種類の違いを知っておく

頭を抱える男性

決して放置できない症状

頭痛はごくありふれた病気です。頭痛になったことがない人はいないほどメジャーな病です。しかし頭痛には二種類あり、一次性の頭痛は頭痛持ちに生じる頭痛です。そして脳などの病気によってひき起る二次性の頭痛があります。一般的には頭痛は怖くない病気なのですが、二次性の頭痛の場合、放置しておくと命にかかわる怖い頭痛なのです。これを区別することが大事になってきます。一次性の場合、特に病気で起こるわけではありません。したがって命に別状は生じないのです。代表的には片頭痛や緊張性頭痛、群発頭痛があります。症状的に放置できないほど痛くなることもありますが、命にかかわることはないため安心できます。片頭痛は、ズキンズキンと痛むもので、頭の片側におこあるのが特徴です。発作的に吐き気を伴うこともあり、つらい症状を出す場合もあり仕事や生活の妨げになることもありますが、一定期間を経過すると収まるのも特徴です。ストレスの影響や生活環境などによってひき起こされるのがほとんどです。

命にかかわる危険性

一方二次性の場合は注意しなければなりません。クモ膜下出血などを併発しているときに起こりますが、今まで経験したことのないような激しい痛みを伴います。そのため意識を失うことも少なくありません。痛み自体は突然襲ってくるため予兆がないと思われがちですが、何度か症状が軽いものを経てとてつもなく大きい痛みが襲うのが特徴です。そのた何度か見逃していることが多いのです。気になる場合には一度病院の専門医で診断を受けるのがベストです。救急医療センターでは症状によって命に別条があるのかないのか病院の目で診断することができるために気がかりに人には人気のある病院です。いつもと様子が違う痛み、突然襲われる、日に日に痛みが増している、何度か病気をしたことがある人、脳の病気で病院に入院経歴がある人、発熱や嘔吐が伴う場合は普通の場合と違うことが想定されますので、現在我慢できる痛みであっても一度病院で診察を受けておくことが安心です。一度激しい痛みに襲われて動きが取れないような状態に陥ってからではすでに手遅れだからです。

世界中の人が悩まされる

先生

世界中の人が悩まされる症状として挙げられるのが頭痛です。頭痛にはタイプがあり、その原因と対処法を知っておくことも改善に繋がります。注意点としては、くも膜下出血のような命にかかわる病気の兆候となるケースもあるという点です。いつもの頭痛と考えるのではなく、医師の診断を受けることも重要です。

侮ることは危険

女性

頭痛の原因は一人ひとり異なります。本来であれば、頭痛を軽減させるために使用される治療薬が、頭痛の原因となっている可能性もあります。痛みが続く、治療薬が効かないという場合には、自己判断せずに病院を受診するようにしましょう。